売上目標を決めて実践してみたデザイナー、1ヶ月目の所感

さて、9月頭のエントリ「月々の売上目標を決めて取り組むことにした」からはや3週間ほどが経過しましたが、無事9月の受注額は目標額を突破し、10月も達成できそうです。前提として、本当にありがたいお話だと思います。でもやはりうまくいかないなあという部分もチラホラ…というお話。

受注額のコントロールって難しい

まず、目標額以上のお仕事を請けない、という前提があったのですが、これがなかなか難しいことが分かりました。新規の方の場合は「次月以降の着手でしたらお請けできますので」とご案内することもできますが、すでにお取引のある方からのご要望に関しては数日〜1週間のうちにやってほしいという話も当然出てくるわけで、こうしたお仕事が月間予定に入ってくると月の計画なんてすぐに破綻します。

ある程度受注量にバッファをとっておくことが必要、ということですが、そうした依頼というのは時期によって密度にとてもバラツキがあるので毎月定額でいくら、とも読みにくいわけです。

なるほど、だから月々いくらで包括契約するという形態が出てくるんだなあ、としみじみ思いました。

仕事が普通にハイペースになる

当たり前のことです。工夫をせずに単に受注額を増やせば仕事のペースが上がることになります。〆切やマイルストーンを乗り越えては、目前に次の〆切が…という日々です。

このブログで書きたいこと、いろいろあるんです。a-blog cmsのこと、こないだのWordCamp Tokyoのこと、XDのこと…今はこの記事のようなTwitterの延長線上にあるような記事を書くのが精一杯という状況です。JUSO Coworkingの仕事もちょっと疎かになり気味かも。徹夜はないですけど、休日に働くことは多くなってます。このところセミナーやイベントにも積極的に出ているのであまり子どもたちと触れ合えていません。ごめんよ家族。

この1ヶ月はなんとか乗り切るとして、このペースで1年乗り切ろうと思ったらなにか工夫がいるなと痛切に感じています。

まあ月末の引っ越しやら、技術的にトライすることが多いお仕事が重なったという事情もありますが、10月からなにか対策しないとなあ、というところです。

今週はそんな感じでした。

(所要時間:30分)

Photo on Visualhunt.com

深沢 幸治郎

このブログ主の夫のほう。大阪を中心に活動するウェブデザイナー。水交デザインオフィス代表。JUSO Coworking運営。趣味でハウス・ディスコDJ / デレマスP。共著書『世界一わかりやすいWordPress 導入とサイト制作の教科書』発売中です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください