自分に似合うカラー・メイク・お洋服などファッションアドバイスをしてもらいます(はじめに)

私と旦那さんが運営しているJUSO Coworking

コワーキングって割とITの人ばっかりというイメージもまだまだあるようですが、うちもITの人が多いような気もしつつ、パソコン修理屋さんや教育関係のお仕事の方、ベンチャーな方もいれば経理の方もいる中で、なんとネイリストさんとカラーアナリストさんもいらっしゃるという、

もうなんとも至れりつくせりな中、当然「他力本願」という中で生きている私は様々な人に様々な方面から助けてもらっております。

その中でも今回は、タイトルにもあります。そう。ファッションについてです。

自慢ではないですが

ええ…。
自慢にはならないのですがそう、わたし、センスがありません(どーん)

どれくらいないかって、結婚するまで旦那さんに学生時代の写真を見せないくらいには無いのです(※破断になるかと思っての策)

まぁ学生時代は(今より)太っていたということもありますが…

とにかく

  • 1~2サイズ上を切る(体型隠してるつもり)
  • 派手なもの怖い
  • スカート怖い
  • なぜかオーバーオールが好き※年単位で流行り先取りしすぎゆえ痛い

よって、母が支給してくれるトレーナーとジーンズのみ。

たまに生協でチラシみて買ってもらっていました(ここテストに出ます。生協です)

 

一方でその生協へ注文してくれていたわたしの母や姉は実はおしゃれ大好き。

自分の中のおしゃれ軸もしっかりしており、トータルコーディネートは思いのまま!そんな人がそばにいたらアドバイスを受けれるとおもいますよね。

ええ、実際アドバイスをしてくれることもありましたが、とにかく自分に自信がなく、かつ体型からなにからコンプレックスだったので聞く耳持たずだったのです。

結果、大学に行くころ、当然制服という万能なものがなくなったときに困り果て、

父の財力で大きいサイズの服屋さんにて「上から下までください」というバブル買いで服を揃えてもらい、7日間コーディネートならぬ上から下まで7組ローテーションを繰り広げておりました。お父さん本当にありがとう。

さて、そんな親の財力に頼りきってからうん年…。

わたしも2児の母となりまして、デザイナーという肩書きの旦那さんもおり、自分はコワーキングスペース運営ですよ。

ほほう。

こう並べるとかっこいい気がしますね(自分でいう)

 

というわけで

簡単にいうと

 

毎日まいにち本当になに着ていいかわかんなくて辛い

 

ただ、カラーは何度かご縁もあり診断してもらったことがありわかったのもつかの間40cmあるロングからショートカットになったら驚くほど

  • スポーティーな服がただのガチでスポーツしに行くんですよねな雰囲気に
  • 薄いピンクのノーカラージャケットとかもう息ができ無いくらい似合わない
  • ふんわりスカートが太さを強調事件
  • セーターとジーンズ、シャツとジーンズがびっくりもっさい


いやこれはショートカットのせいではありません(ショートカットの人ごめんなさい)
もちろん旦那さんにアドバイスをもとめると「いや?全然変じゃないよ?」と言ってくれるので、サラダにきったキュウリを汁椀にいれちゃうようなお茶目な旦那さんといえどもそこまで変ではないのだとおもいます。

ただね、

自信がないんです。

 

だからわたし、かわります
(ずぎゃーん!と脱皮イメージ)

 

ra-fmの赤塚さんにお願いしてかわります(※スパムじゃないですわたし真剣です)
http://www.ra-hm.com/(あ、サイトはこちらです)

 

ではでは、変わったら報告しますね(・∀・)
しばしお待ちをー。

深沢 周代
このブログ主の嫁のほう。水交ビル/JUSO Coworking運営・十三こども0円食堂代表をしています。趣味は家族と過ごすこと。最近地元の中学生にオタクと知られて丸い目をされました。隣に並んだときにたまにびっくりされますが身長は163cmです。本能で生きてます。

コメントを残す