第34回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2018」に出演します

Webデザイントレンド in 大阪 2018アイキャッチ

気がつけばもう6回目の出演になる第34回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2018」は今月末。1月27日土曜日の開催です。毎回自分にとってはウェブデザインという仕事を俯瞰する素晴らしい機会になっています。

「Webデザイントレンド」とは

「Webデザイントレンド in 大阪」は「CSS Nite Shift」をはじめとした全国のセミナーで行なわれる人気セッション「Webデザイントレンド」の大阪版で、2011年から実に7回目の開催となります。原 一浩さん(グレーティブ合同会社)が独自に収集蓄積している数千もの世界中のウェブサイトのリニューアル前後のスクリーンショットを元に、原さん・矢野りんさん(バイドゥ株式会社)・坂本邦夫さん(カラー&ウェブデザイン フォルトゥナ)のメインメンバーが中心となって国内上場企業・地方自治体・海外トレンドといった分野別にその年のウェブデザイントレンドを分析します。

その大阪版が毎年上半期に行なわれておりまして、ありがたいことに今年も出演させていただける運びとなってます。

Webデザイントレンド6年生、なのに深まる私の緊張

最初、私がこの素晴らしいセミナーに呼んでいただけたのは、2010年〜2011年あたりまでやってたUstreamラジオ番組がきっかけでした。毎週水曜日に缶ビールを飲みながら、Twitterでウェブ制作者が話題にしていることがらをピックアップしてしゃべるだけの深夜のAM放送みたいなノリの番組でした。Ustreamがブームだったこともあり、30〜50人くらいの人が毎週聴いてくれて、Twitterを通じて生で反応をくれていたのだから、今にして思うとすごい話です。

その番組のリスナーの中に坂本邦夫さんがいらっしゃいました。毎週デザインのことやらテクノロジーのことやら何とか筋書きもなしに一人で話しつづけるくらいのことはできましたので「まあこいつならそれなりにしゃべってくれるだろう」ということでお声がかかったものと思っております。

やはり最初に出たときはそれなりに緊張はしたと思いますが、先輩方の胸を借りて思いっきり楽しもうと腹を括れましたし、壇上でもそのように言ってました。最初の3年くらいはそういう気持ちだったかなと思います。

けれど4回目・5回目…と出演させていただける回数が増えるにしたがって、より緊張の度合いが増してきて、今に至っています。なぜ昔はあんなに簡単に腹を括れていたのかよく思い出せないくらいです。正直今から緊張してます。期待されているポジションも分かって、大まかな流れも大体わかってきて、それでも慣れるどころかより大きな重圧を感じてしまう。

写真:昨年のセミナーで話す筆者の様子
昨年の様子。こう見えてもメチャクチャ緊張していたようで奥さんに「落ち着きが足りない」とダメをいただきました(撮影:鍋坂 樹伸さん) 

出る回数が増えるに従って、ウェブデザインに関する原さんや坂本さん・矢野さんの日々の観察眼だとか視点の持ち方・考え方にものすごい強さを感じられるようになったからかもしれません。毎年お声をかけてもらえるようになったということは、この3人と並び立つだけの何かを聴きに来ていただいたみなさんに提供しないといけない、ということです。このところはその役割の意味を考えるとちょっと怖くなるくらいでして…。

と、思い出話ついでに弱気なこともつい考えてしまいますが、当日は万全の気持ちと準備でみなさんの前に立てるよう準備を急いでいます。

ウェブデザイントレンドのここがすごい

多くの企業サイトのリニューアル「Before / After」を見ることができる、ということももちろんすごいことなのですが、もう少し踏み込んだオススメを。

2012年、レスポンシブウェブデザインとフラットな質感のデザインが普及しはじめた時代からもう6年が経とうとしています。国内の上場企業や地方自治体ウェブサイトも大きな影響を絶えず受けながら大きな変化を遂げてきました。ダサくて使いにくいサイトの代名詞のように言われていた地方自治体ウェブサイトにも、Webから遠いと思われるような分野の上場企業ウェブサイトにも、時代を捉えた素晴らしいリニューアル事例やチャレンジングな試行錯誤がたくさん見つかります。

よくブログで取り上げられるような海外発の最先端トレンドももちろん面白いのですが、この「Webデザイントレンド」の一番面白いところは、そうした「最先端」からは離れたところにいるであろう国内企業や地方自治体が今のこの時代の中で、誰とどのようなコミュニケーションを開こうとしているのかに想いを馳せることだと思っています。そしてそうした事例が、多くのウェブデザイナーにとってのクライアントのリアルなのだとも。

ともすると評論家のように語ってしまいがちなこのイベントなのですが、ただ笑いの要素を見つけてツッコむだけじゃなく、ステークホルダーと制作者の試行錯誤とチャレンジに想いを致しながら1時間半のWebデザイントレンド、ナビゲートしていければと思います。

今年もきっとウェブ制作に関わるあなたにとって、日々の仕事に次の日から効く、長く効く、そんな内容になるはずです。第34回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2018」は1月27日、会場は梅田グランフロント・ナレッジキャピタルカンファレンスルーム。残りのお席はわずかです。ぜひお越しください。

深沢 幸治郎

このブログ主の夫のほう。大阪を中心に活動するウェブデザイナー。水交デザインオフィス代表。JUSO Coworking運営。趣味でハウス・ディスコDJ / デレマスP。共著書『世界一わかりやすいWordPress 導入とサイト制作の教科書』発売中です。

One Reply to “第34回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2018」に出演します”

  1. […]  suikoudesign.com 第34回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2018」に出演します – Suikologhttps://suikoudesign.com/suikolog/event/2567/amp 激しく行きたかった。ためになるので来年は行き […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください