ある日Dropboxの「写真」に謎の写真が入っていたので中の人にメールしてみた件

ある日、iOSアプリ版のDropboxを眺めてましたら「写真」タブに全く見覚えのない写真が90ばかり入っていたのでビックリしました。

すわアカウントを乗っ取られてデータを流し込まれたかとビックリして、いつも見ている「Camera Upload」フォルダを見てみても、これらの写真は見当たらない。これは誰か他人のファイルが見えているとんでもない不具合なのではないかとDropbox運営に連絡をしてみました。

Dropbox運営へのコンタクトの方法

  1. まずはブラウザから、Dropboxのホーム画面へ。
  2. 画面左下端の小さな「ヘルプ」をクリック。

    Dropboxスクリーンショット1
    画面左下。この入口が一番分かりにくい。
  3. ヘルプセンターというページに移動する。つづいて「サポートをリクエスト」をクリック。

    Dropboxスクリーンショット2
    「サポートをリクエスト」をクリック
  4. 質問のカテゴリが表示されるので選択する。今回は「バグレポート」を選ぶ。

    Dropboxスクリーンショット3
    以下、いくつかさらに細かい質問がつづく
  5. さらに細かく環境などを選択肢で聞かれるのでサクサクと進む
  6. 「問題を報告」というフォームが表示されるので、こちらに件名と内容を入力し、送信する。

    Dropboxスクリーンショット4
    やっとお問い合わせフォームにたどりつく

日本語化もされていることだし、日本人スタッフもいることだろうと思って思いっきり手加減なしの日本語で問題報告をしました。

深刻な不具合の可能性がありますので、ご報告します。
iPhoneのDropboxアプリの「写真」に見覚えのない誰かの写真が多数表示されています。その写真は他端末には同期されておらず、パソコンのDropboxフォルダの内容には反映されていない模様です。
(メールアドレス)のアカウントなのですが、一度状況をご確認いただけますでしょうか。

2日後、お返事が帰ってきた

かなり長いお返事がDropbox Supportの方から帰ってきました。お名前を見ると海外のお名前。そしてお返事は明らかに自動翻訳した日本語でありました。

最後の方には

私たちの翻訳を許しなさい。当社の翻訳は、オンライン翻訳を使用して作成された。私たちは、すべての言語をサポートしたいのですが、私たちは現在、そのように装備していない。ここでは英語版は次のとおりです。

とあり、以下に英語でのお返事が続きました。
ということで、日本語を自動翻訳にかけてがんばって読んでくれて、また自動翻訳で返信をいただけると、そういう体制になっている様子でした。サイトが日本語化されていたとしても英語が読み書きできる方は、英語でやったほうがスムーズなようですね。

何が悪かったのか

サポートさんは2つの可能性を示してくれました。

ケース1: Camera Uploadへのアップロードを許可した端末(カメラ)を使って誰かが撮影しなかったか?

他人が私が過去に持っていたデジカメなどで撮影を行い、かつそのデジカメが過去にCamera Uploadへのアクセスを許可されていたら、そのカメラがネットワークに接続された瞬間に私のCamera Uploadにそれらの写真が流れ込むよー、というお話。Camera Uploadには自分のiPhoneしかアップロードを許可しておらず、そのような画像ファイルはなかったためこの可能性は除外。

ケース2: 誰かと共有しているフォルダに画像が放り込まれなかったか?

他人と共有しているフォルダであっても、そこに画像が放り込まれるとアプリの「写真」に姿を現す。参加している共有フォルダの他のメンバーが誤って、または他のメンバーに共有するために写真を放り込んだのでは? というお話。

「それでも分からないことがあったら問題のファイルの名前を教えてほしい、そしたらさらに調査を進めるからね」と結ばれていました。

ということで考えられるのはケース2です。
すべての共有フォルダの内容を改めていくと…あった!

すでに終了したプロジェクトを進めるために、過去に作成された共有フォルダに参加したままになっていて、そこにプロジェクトの関係者さんが大量の写真ファイルを入れていたのでした。急ぎ相手に連絡し、共有フォルダとの連携を切って(その際、ファイルのコピーがこちらの端末に残らない設定にする)しまえば、大量の謎の画像ファイルは消えました。

これにて一件落着、一安心。

初歩的なことでお恥ずかしいですけど、情報セキュリティの観点からもすでに役割を果たした共有フォルダはちゃんと閉めておくことが大切ですよね。先方にあてがわれた共有フォルダであっても、トラブル回避のために一定の期間をおいてこちらから抜けておくべきです。

御礼のメールも忘れずに

Dropboxサポートさんに以下のとおりメールを返しておきました。

Dropboxさんのほうでバグを追いかけるために、ちゃんとチケット(バグ対処などのタスクを管理するための一単位)も切ってくれているようなので、解決したからといって放置するのはよくありません。ちゃんと解決したよとご報告しましょう。

僕は英語は上手でないので多分間違いだらけの英語でしょうが、せめてものお礼の気持ちで短いながら書きました。

Hi, xxx.
Thank you for your reply.

I tried to find the strange photos, and I did.
The photos are located in a shared folder that I committed in past.

As you explain (CASE-B), a member of the shared folder added the photos by mistake.

Thank you for your advice and your great service (Dropbox).

Sincerely,
Kojiro Fukazawa

ということで、Dropboxさん、なかなかのステキ対応でしたのでこちらに書き残しておきました。

深沢 幸治郎
このブログ主の夫のほう。大阪を中心に活動するウェブデザイナー。水交デザインオフィス代表。JUSO Coworking運営。趣味でハウス・ディスコDJ / デレマスP。共著書『世界一わかりやすいWordPress 導入とサイト制作の教科書』発売中です。

コメントを残す